「 chisou 」 CD Release Event

BGM LAB. × monolith&soilmans note

陶芸にまつわる音を中心に、音楽家によって構築、編集された環境音楽「 chisou 」 の完成に合わせまして、岐阜県多治見市にてCDのリリースイベントを開催いたします。

発表の場として、実際にその音を録音した陶芸の共同工房「司ラボ」をお借り出来ることになりました。

音が生まれた場所で、みなさんと土とともに、この場所だからこそ感じることが出来る特別な時間を共有したいと思います。

今回のイベント内容は、CDの販売をはじめmonolith&soilmans noteのメンバーが制作した作品の展示販売、BGM生演奏付きの陶芸体験、BGM LAB.のライブとなっております。

今回のCD製作とイベント開催をきっかけに、陶芸の魅力や可能性について、やきもの産地として有名な美濃・東濃地区について、また陶芸は生活を豊かにする手段であり道具である前に、自然の一部から出来ていることにほんの少しでも興味・関心をお持ちいただけましたら幸いです。

【日時/場所】

2018 / 9 / 29 sat 13:00 – 19:00

会場:司ラボ(陶芸工房)

岐阜県多治見市坂上町8-56

【陶芸体験 × BGM生演奏】

13:00〜15:00

要予約 定員15名

¥5,000 (ドリンク代別途)

BGM LAB.の生演奏を聞きながら、一般的な陶芸教室では教えてくれない土作りからカタチが出来るまでを、monolith&soilmans noteのメンバーご指導の元に、ご一緒に体験していただきます。

【chisou LIVE】BGM LAB. × monolith&soilmans note

OPEN:17:00  START:17:30

要予約 定員50名

¥3,000 (ドリンク代別途)

CDを制作する為に司ラボにて録音した陶芸にまつわる音と、monolith&soilmans noteがその場で鳴らす土の音を活かしながら、

BGM LAB.による、この日限りの陶芸と音楽のセッション(生演奏)をします。

【ご予約・お問い合わせ】

ご予約の際には、陶芸体験とライブのどちらに参加希望かを明記の上、代表者様のお名前、ご連絡先、人数をメールにてお知らせください。

zuno.tajimi@gmail.com

13時から17時までは、陶芸作品の見学・購入の為に出入りも出来ます。CDのみの購入、ドリンクのみの購入も可能です。

お気軽にお越しください。

【FOOD & DRINK】MIROKU COFFEE

自家焙煎珈琲の移動販売を主としており、今回はchisouの楽曲からイメージしたオリジナルブレンドと地層をイメージしたお菓子を販売していただきます。

http://mirokucoffee.com

【音響】night cruising

京都を拠点とするイベント&レーベル。

2006年より国内外アーティストを招き様々な会場でイベントを企画。数多くの主宰イベントは、全国各地でも開催。2012年からイベントと同名のレーベルも始動。京都の気鋭のアーティスト達や、欧州のアーティストの作品のリリースを続け、イベントとレーベルを両軸に活動を展開中。
これまでのイベント主催・制作の経験を生かし、イベント音響や展覧会のサウンドディレクション等も手掛けている

http://nightcruising.jp

【after event】

19:00〜22:00 ご予約不要

自家製酵母パンとスパイスカレーの店

cafe NEU!

(通常はお休みですが、特別に営業をしていただきます。)

岐阜県多治見市昭和町19-1

駐車場:6台

http://neu-river.com

【CDタイトル「chisou」】

BGM LAB. × monolith&soilmans note

環境音楽 × 陶芸

宮内優里とKenji Kiharaによる背景音楽の研究室「BGM LAB.」が音楽制作を担当。岐阜県多治見市にある共同工房の司ラボにて「monolith&soilmans note」協力の元、陶器製作時に発生する様々な音を録音。土と人、道具から生み出される美しい音たちを中心に、音の加工、楽器の演奏を織り交ぜて約30分の環境音楽を作りました。

 

【BGM LAB.】

宮内優里とKenji KiharaによるBGM(背景音楽)の研究室。共同での音楽制作、ライブ・BGM演奏を経て2016年に開室。BGM LAB.はBGMのための音楽研究室です。アナログ、デジタルの技術をバランス良く使いながら、現代の生活環境に最も適した“背景としての音楽”を研究しています。普段聴いている大好きな音楽と日常に適したBGMが必ずしも一致しないのではないかと僕らは考えます。私たちは日常をより日常として充実させる手助けが出来る、そんな音楽を目指します。

https://www.bgmlab.com

【monolith&soilmans note】

2017年、岐阜県多治見市にて築炉師の加藤貴也とカネ利陶料の日置哲也の二人で、次世代の焼き物や産業を見据えるべく技術、情報、素材の共有を模索するユニットを立ち上げる。その後、兼ねてから信頼し親交のあった野村佳代、田中太郎を加え、陶芸に軸足を置きながらも実験的素材研究バンドとして、「monolith&soilmans note」を結成。現在は、加藤貴也が2016年に立ち上げた「司ラボ」という若手陶芸作家向けのオープン貸し工房を拠点に活動中。

【Design:SHEEP DESIGN Inc.】

自身もものづくりを行うデザイナーとして、商品企画やコンセプト開発、パッケージ、印刷物、ウェブまで、「ものづくりを支えるデザイン」を行うデザインオフィスです。chisouのロゴ、CDジャケットのデザインや撮影も担当。

https://sheep-dps.jp

【Produse:地奏プロジェクト運営 図濃】

多治見市を拠点に、やきものを起点に、東濃地区の未来を創造することを目的とする図濃。活動の一環で開催している「手、東濃、土。」という東濃地区の作家さんに特化したやきものの展示販売会において、音からでもやきものの魅力を感じて欲しいという想いが、今回のプロジェクトの発端です。